sp

sp
麻酔科学分野

HOME臨床分野紹介手術麻酔管理ペインクリニック > 緩和ケア部門

 緩和ケアとは、がんを含んだ病気やその治療に伴う「つらさ(症状)」を緩和する医療です。病気そのものや、治療の副作用で苦しんでいる方の症状緩和から、治療の継続が困難となった方の支援まで広く含みます。
 麻酔科医は、神経ブロックや鎮痛薬で痛みを和らげるスペシャリストです。さらに疼痛コントロールにとどまらず様々な症状緩和を行う緩和ケアの領域は、近年、麻酔科医の活躍の場のひとつとなっています。手術麻酔によって磨いた知識と経験をもって手術室を飛び出し、病院全体の大きな原動力となるよう日々研鑽を積んでいます。
 当院には緩和ケアチームがあり、患者、家族、主治医、担当看護師、それぞれに対して支援を行っています。緩和ケアチームは麻酔科出身の専従医師2名と専従看護師が中心となって活動し、他に医師(ペインクリニック、精神科、整形外科、放射線科、呼吸器内科、消化器外科)、看護師(リンパ浮腫セラピスト)、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、臨床心理士、ソーシャルワーカーなどが所属しています。そして入院中、外来通院中にかかわらず、それぞれの専門知識を結集して症状緩和に努めています。症状緩和以外にも、退院支援や、ホスピスを含めた他院への転院支援も行っています。
 緩和ケアチームでは日々の診療のほかに、週一回のチームカンファレンス・回診、月一回の症例検討会、緩和ケア研修会の主催などを行っています。その他、緩和ケアに関する講演会の開催なども行っており、学内外からの有志の参加を募っています。
 また、基礎的なテーマ(麻薬性鎮痛薬、がん性疼痛など)から、臨床的なテーマ(症状マネジメント、全人的医療、終末期医療など)、社会的なテーマ(死生学、医療倫理など)まで幅広い視点から研究テーマを集め、勉強していく計画を立てています。
 麻酔科以外の医療者、音楽療法やアロマセラピストなど、緩和ケアに関わる仕事がしたい、勉強をしてみたいというご希望にも対応したいと考えていますので、お気軽にご相談ください。

参考URL
新潟大学医歯学総合病院 腫瘍センター緩和ケア部門
http://www.nuh.niigata-u.ac.jp/cco/palliative/
新潟大学医歯学総合研究科 腫瘍内科学分野 緩和医療学
http://www.med.niigata-u.ac.jp/onc/

sp

sp 緩和ケアの扱う「つらさ」にはどんなものがあるの?

 さまざまな種類の痛み、化学療法に伴うしびれ、吐き気、食欲が出ない、夜眠れない、息が苦しい、お腹が張る、落ち着かない感じがする、不安がある、気持ちが晴れない、などあらゆる症状が対象です。こんなことで困っているけれど、相談していいのかわからないという方もたくさんいらっしゃると思われます。お悩みの場合は、主治医を通してご相談ください。

sp 緩和ケアは治療の邪魔にならないの?

 緩和ケアチームは、患者さんのご希望を最優先に考えています。また、主治医の治療方針を尊重するコンサルテーション型の関わりを行っています。ご相談しながら進めていきますので、ご希望があったり、こちらからの提案がそぐわなかったりする場合は、遠慮なくおっしゃってください。

sp 本当は入院ではなくて自宅で過ごしたいけれど、それは可能ですか。

 新潟県は広いため、地域によっては在宅医療の関わりが困難な地域も存在しているのは事実です。また、家族構成によっても、検討が必要な場合もあります。しかし、社会資源を利用することで自宅療養が可能になる場合もありますので、お悩みの場合は、主治医を通してご相談ください。



(前田薫、生駒美穂)


sp
sp
sp
sp
sp