sp

sp
麻酔科学分野

HOME麻酔科専門医研修案内 > 麻酔科研修医日記

sp sp

真夏の夜の夢?

記事一覧へ

 麻酔科レジデントとして働き出して5ヶ月が経とうとしています。今年は同期の新入局者数が多かったということもあり、月の当直回数は大体4日程度です。
(※管理者注:入局者が多くても少なくても、毎年そのくらいですので誤解なきよう…)

 昨日の当直は、いつも緊急がたくさん来て寝られないことが多いY先生と一緒でした。なので、きっと休めないだろうと心の準備をしていました。
 …が!驚くことに1件も来ないで終わるという奇跡的な1日でした!翌朝の当直日誌には、Y先生の
“no emergency!!”
という少し嬉しそうな一筆が書き込まれていました。
 その夜は、ちょうど新潟祭りということもあって、花火の打ち上げもあり、緊急手術もなく時間もあったので、病院内で見える場所を探して回ろうということになりました。最初は12階の展望室へ行ってみましたが、同じようなことを考えた患者さんたちが既にたくさん集まっておられました。残念ながらビルの影になって花火の端の方しか見えず、皆さん残念がって帰室していました…。
 そこで麻酔科医局の図書室などを散策し、最終的に研究棟の階段の窓から見えるスポットを発見しました!当直の夜に思いがけず夏の風物詩を見られてラッキーな1日でした。日々の業務に忙殺され疲れた心にはよい癒しとなりました。

 こんな日もありますが、ぐったりするくらい忙しいこともあります。仕事にも波はあり、きっと次の当直は忙しいのかなと思いつつ、また明日からのお仕事を頑張りたいと思います。

鈴木 博子


sp
sp
sp
sp
sp