sp

sp
麻酔科学分野

HOME > 麻酔科専門医研修案内 > 麻酔科研修医日記

 麻酔科後期研修や施設見学についてのお問い合わせは、お気軽にお問合せフォームからご連絡ください。
また、他施設・他科から当科および関連施設での勤務をお考えの方も、随時、ご相談ください。

麻酔科後期研修について

 麻酔科専門医の需要はきわめて高く、現在、全国の病院において最も必要とされる専門医の一つです。
新潟大学麻酔科後期研修コースの目的は、以下に挙げるようなものです。

  • 高度な知識・技術を持った、有能な麻酔科専門医の育成をする。
  • 周術期管理を中心にして修得した知識や技術を基礎として、救急医療や集中治療における生体管理ができる人材の育成をする。
  • 種々の疾患および手術を起因とする疼痛を、緩和することのできる人材の育成をする。
  • 長期間に渡って、専門領域およびその関連領域における情報交換と生涯学習ができる体制を提供する。

新潟大学麻酔科での後期研修システム

  新潟大学医歯学総合病院に加え、新潟県内の主要基幹病院麻酔科(新潟市民病院、長岡赤十字病院、県立中央病院、県立新発田病院、済生会新潟第二病院、長岡中央綜合病院など)を基幹研修施設および関連研修施設としてローテーションするシステムとなります。
 新潟県内に主要な病院がまとまっている点が特色の一つです。

 研修施設のうち2~3か所をローテートすることで、心臓大血管外科、小児、産科、脳神経外科、呼吸器外科などの麻酔を偏りなく研修することができます。また、新潟県内各地域の三次救急病院を含んでおり、救急症例も豊富です。新潟県内は、小児病院などの専門領域に特化された病院がほとんどないため、施設間の症例のばらつきが少ないことも特色です。専門医の取得のためには、一定の経験症例数が求められますので、有利だと思われます。

 後期研修は原則として、新潟大学医歯学総合病院より始まり、各科の手術麻酔を一通り経験することになります。少なくとも1年間は在籍し、その中には3か月間のペインクリニック研修を含んでいます(必修)
 
 大学病院での生活の後、前述の研修施設で2~3年を過ごす間に、麻酔科標榜医を取得します。その後は帰学して開心術の麻酔、小児麻酔、産科麻酔、誘発電位モニタリングなどのトレーニングを行ったり、救急部と連携してICUローテーションを行ったり、大学院に入学して学位取得を目指したりしながら、麻酔科専門医を取得します。
 専門医取得後は、サブスペシャリティ(心臓、産科、小児、神経、ペインクリニック、緩和医療、救急、基礎研究など)に応じた研修が可能です。希望があれば、他施設に留学することも可能です。
 
 これらの後期研修を行っていく中で、麻酔科専門医および指導医、ペインクリニック専門医、救急専門医、集中治療専門医などの取得が可能となります。もちろん、学位の取得も可能です。

学位について

 大学病院で後期研修を行う利点として、学位の取得が可能である点が挙げられます。原則的には一通りの麻酔管理ができるようになる、後期研修3年目以降(医師5年目以降)に大学院に入学することになります。
 新潟大学麻酔科では、他の教室に出向することなく、麻酔科内で基礎研究を行うことができるという特色があります。その中でPain、Anesthesiology, Anesthesia and Analgesiaなど、麻酔科領域のトップジャーナルに多くの論文が掲載されてきました。また、脊髄機能モニタリング、経食道心エコー、神経ブロックなどの臨床研究も行っており、臨床研究でも学位の取得が可能です。これらの詳細は研究のページ(基礎研究臨床研究)を参照ください。
 もちろん、他の教室へ出向し研究することも可能です。脳研究所や保健学科などと連携しているほか、他大学や研究所間で人的交流を行っています。希望があれば、国内留学や海外留学も可能です。

 新潟大学麻酔科には、様々な出身大学やキャリアを経た医局員が在籍しており、パートタイムなどの働き方も含め、それらを互いに尊重しながら働くことができます。また小規模な医局ながら、医局員それぞれが独自の得意分野を持っています。特に超音波ガイド下末梢神経ブロック、経食道心エコー、痛みの基礎研究に関しては、高いレベルの研修・研究を行うことができます
 少しでも興味を持っていただけましたら、お気軽にご相談ください。


麻酔科医としての生活

新潟大学麻酔科での生活を、具体例を示しながら紹介したいと思います。

  • 麻酔科医の朝は早い?
     集合時間は7時30分〜8時です。それぞれ担当になった医局員が術前・術後の症例検討(月曜)、英語論文の抄読(木曜)、研究紹介(金曜)を行います。基礎研究班は、休日を利用して3か月に1回、リサーチミーティングを行っているなど、不定期の集まりもあります。
     毎朝の検討会では、その日にそれぞれが担当する症例について、プレゼンテーションを行います。症例ごとの問題点を適切に把握し、それに応じた麻酔計画を立てておけば、怖いものなし!(…のはずです。)
     学生実習のころのイメージだと、麻酔科の朝は早いような気がしますが、実は他科と比べて、特別に早いということはない…と思っています。
  • 麻酔管理
     8:30に患者さんたちが手術室にいらっしゃいます。麻酔導入には時には優しく、時には厳しい先輩(時に、厳しい後輩…)たちがついてくれます。
     安定した麻酔管理の際は、お昼ごはんが楽しみです。時にせわしない昼食になってしまいがちですが、いつの間にか短時間で十分な食事をとる技術が身に付くのが不思議です(麻酔科研修の特色の一つです お昼ご飯を食べた後はついウトウト…してはいけません。人手にゆとりができると、合間にラウンド(術前回診)交代が来てくれます。当科では、予定手術は全例、術前外来を受診済みですので、回診に向かうストレスは少ないことが多いと思います。時に麻酔法に悩むこともありますが、麻酔計画は上級医とともに検討しながら作成しますので、ご心配にはおよびません。手術や麻酔には、不測の事態はつきもの、時に、自分の能力を超えるような状況も発生することでしょう。そんな時には、麻酔責任者(新潟では「赤丸」と呼ばれています)を呼びましょう!そのほかにも必ず誰かが助けに来てくれます、手術室には、こんなにたくさん人がいたのか!っていうほどに…。
     麻酔覚醒の際も、必ず上級医が付きます。でも念のため、何か起こっても、大丈夫…なようにしておきましょう。目が覚めた患者さんが「え?もう手術終わったの?」と、言ってくれるような、痛みも不快感もない麻酔管理ができるようになりましょう。
     術後回診も重要な業務です。自分の行った麻酔管理の結果について、フィードバックを受けることは、麻酔科医としてのステップアップには必須です。お元気な方だと一期一会(術前・中・後の三期三会?)になってしまいがちですが、心配だから何度も見に行こうとか、もっといい鎮痛法を提案できるから介入しようとか、必要に応じて対応しています。
  • 当直
     当直は週1回程度です。土日祝日も月1~2回は日直、当直があります後期研修医は、必ず上級医と一緒に当直します。平日には拘束番(月2~3回)もありますが、ひどく遅くなることはまれです。それ以外の土日祝日は、基本的には自由時間です。いっぱいお勉強したり、各病棟を回診したり、時にお出かけしたり、英気を養ったりして過ごしています。
  • お出かけ
     新潟は酒どころ、米どころとして知られています。魚もおいしいです。新潟4大(5大)ラーメンも有名(?)です。「イタリアン」やソースかつ丼といったB級グルメも豊富です。県外からきた人々は、酒も食事もおいしいと言ってくださいます(お世辞かな?)。気の合う仲間たちで、夜の街に繰り出すことも、ほどほど…にあります。
     また県外の皆さんが想定しているよりも、交通の便がよいです。新潟市内でも、車で出かけるのに困ることはほとんどありません。新幹線、高速道路網は充実していますし、新潟空港も新潟市中心部からアクセスがよく、大阪(伊丹)、福岡、札幌、名古屋(中部、小牧)と定期便があります。海外旅行もインチョンを経由すれば、欧米やアジアに行くにも困りません。
     雪を心配している方も多いようです。新潟市は海岸沿いなので、雪はそんなに降りません(風は強いけど)。冬は曇っているのが少し難点…かもしれませんが、その分、ウインタースポーツはもちろんのこと、海あり、山あり、温泉ありと行楽にも事欠きません。
     あれ、意外といいかも?と思ったあなた!気軽に見学に来てください。医局員一同、歓迎します!

ときの医局長からのメッセージ

はじめに
皆さんはなぜ、医師を志したのでしょう?

  そして、麻酔科というと、どんなイメージでしょうか?

日の当たらない仕事?
だれにでもできそう?
診断や治療に関われないのでは?
せっかく医師になったのに、いわゆる「お医者さん」として、働けないのではないか?
親や親戚は、麻酔科医という存在を知っているのだろうか?

そこで、麻酔科とは、麻酔科医とは、皆さんの志す医師像と比較してみましょう。

現代における麻酔管理は、高い専門性が求められている

 麻酔科医の代表的な仕事は、手術のときの麻酔管理です。麻酔科の名前そのままですね。麻酔の安全性は、日に日に向上しているといっても過言ではないでしょう。言い換えると、「安全な麻酔は当たり前」です。するとどのような変化が起こるでしょうか?安全性が向上すると、以前は体の具合が悪いから麻酔・手術が危険であると考えられていた患者さんに、麻酔ができるようになります。具合が悪い患者さんの麻酔管理は、決して容易ではありません。また、「麻酔の質」を求められるようになりました。手術が終わると、すっきり目が覚める。麻酔から覚めても、麻酔の効果が切れてきても、痛くなく、吐き気もない。あるいは術中に経食道超音波検査などを行い、時に手術方針の決定に携わるなど、麻酔管理が患者さんの予後に関連すると言われている部分もあります。つまり、現在の麻酔関連業務には、高い専門性が求められています。麻酔科医は「ただ手術中、患者さんを眠らせている人」ではないのです。

麻酔科医は、疼痛管理のスペシャリストである

 手術麻酔の際、術後の疼痛管理は非常に重要なものです。術後疼痛管理が適切であれば、患者さんの術後の回復が早いことが示されています。また、麻酔科医は硬膜外ブロックをはじめとする各種神経ブロックの技術に長け、オピオイドをはじめとする各種鎮痛薬の知識にも精通しています。痛みは不快な感覚であり、一日中それにさらされて生きる人の苦しみは、いかほどでしょうか。大きくQOLを損なうことは明白です。帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、複合性局所疼痛症候群、術後遷延痛などの痛みは難治性であり、このような疾患を有する方々にとって、麻酔科医のもつ知識や技術は、まさに希望の光なのです。また、癌性疼痛も代表的な難治性疼痛です。そのため、緩和ケア医が必要とされています。当院でも麻酔科医が緩和ケア医として活躍しています。

麻酔科医は、危機に瀕した生命を救う技術を有している

 術中の循環管理、呼吸管理も麻酔科医の重要な業務です。麻酔科医は術中の低血圧、低酸素血症に何気なく対応しています(もしくは、未然に防いでいます)。放置すれば、坂道を転がり落ちていくように状態が悪くなることは明らかでしょう。麻酔科医は「何気なく」低血圧や低酸素血症の原因を診断、もしくは診断的治療を行っています。それのためには生理学、内分泌学、薬理学、神経科学など様々な角度からの考察が必要です。これらの知識および診断・治療のプロセスは、多発外傷や重症敗血症、あるいは重症心不全などの管理において特に生きてくるものです。つまり、麻酔科医は危機に瀕した生命を救う技術を有しているのです。
 また、麻酔科は外科系各科を横断的に眺めることができる科です。これは集中治療、あるいは救急といった分野と親和性が高いことを意味します。麻酔科の技術を生かして活躍する集中治療医、救急医も数多く存在します。

再び問います。

皆さんはなぜ、医師を志したのでしょう?

医師の本質とは、
・苦しむ人たちを苦痛から解放すること
・危機に瀕した生命を、死の淵から救うこと
ではありませんか?

麻酔科医の仕事は、まさに「それ」ではありませんか?
麻酔科医になることで、まさに医師の医師たるべき知識・技術が身に付くのではありませんか?

麻酔科は魅力的な、かつ需要の高い分野です。
この奥深い分野に、触れてみませんか?

sp
sp
sp
sp
sp
sp